ウォーターサーバーの豆知識

輸入品のミネラルウォーター

ウォーターサーバーに含まれる水の種類として、よく見かけるのが「海外産の天然水」を使ったミネラルウォーターです。一昔前にミネラルウォーターのペットボトルにカビの胞子が混入されるという事件もありましたが、現在ではかなり厳しい基準によって製品はチェックされており、安心して飲める水となっています。
日本でも人気の高い「ヨーロッパ地域のミネラルウォーター」ですが、ヨーロッパ(EU加盟国)における《ナチュラルミネラルウォーター》の基準は非常に厳しく定められています。ミネラルウォーターの条件を簡単にまとめてみると「水源があらゆる汚染から完全に隔離されている地下水であり、また水源の周辺の自然環境がきちんと保護されていること。」「飲み続けることで健康に好適な特性があることが科学的、医学的、または臨床学的に証明されていること。」「?人体にとって安全な生菌が正常な範囲内で生きていること。そして殺菌やミネラル分の添加、調整など、あらゆる人為的な加工をしていないこと。」「水が地下の水源から直接、一切空気に触れることなくボトリングされていること。」となっています。これだけでも、日本のガイドラインとはかなり違うことがわかります。
さらに付け加えると「人体に有益なミネラルを一定量保持していること。」「その含有成分や水の温度、および他の性質が常に安定していること。」が条件となっていることもあります。
ヨーロッパは非常に水質に恵まれた地域です。